動物愛護週間です。
2017年09月20日 (水) | 編集 |
本日9月20日から9月26日は動物愛護週間。

環境省のホームページによると、「動物愛護管理法では、国民の間に広く動物の愛護と適正な飼養についての理解と関心を深めていただくため、9月20日から26日を動物愛護週間と定めています。」とのことです。

(毎週、動物愛護週間でもいいよww)

人生を振り返ってみると、子供の頃から本当に動物にお世話になっているなぁ~としみじみ感じました。

下の写真は私が3歳の時のものなのですが、小さい頃は、でっかい犬が私のそばにいてくれて・・・



(セントバーナードです)
SABU




そして現在は、ちっこいハムスターが私のそばにいてくれます。




001




動物の命に大きい小さいはない。




002




こんなにちいさなハムスターから、幸せをたくさんもらっている毎日にとても感謝しています。




003




どんな写真も、私にとっては宝物。




004




給水ボトルにピントが合っちゃってる写真も、私にとっては宝物なのです。

きっとみなさんも私と同じく、削除できないピンボケ写真が、それはそれはたくさんあることでしょう。


(´艸`*)ププッ



最後まで読んでくださってありがとうございました!「読んだよ~」と応援クリックしていただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

こちらも参加中です♪よろしくお願いします!

にほんブログ村



   



命の尊さ。
2016年07月01日 (金) | 編集 |
先日、息子の保育園の帰り道で、小さくうずくまっている子供のスズメを見つけました。よく見ると両足が折れていました。

運よく近くに動物病院があったので、そこで診ていただくことに。

息子が保育園バッグをガサゴソしはじめ、「このタオルに乗せてあげて」と保育園で使っているタオルを貸してくれました。我が子ながら、なんて優しい子なんだろうと感心いたしました。(←親バカです^^;)



01




動物病院まで徒歩3分。「これで助かるね。」と息子もホッとしていたところ、動物病院のスタッフの方から「野鳥は診察できないんです。条例で保護してはいけない決まりなんです。ごめんなさいね。」と説明を受けました。説明なさっているスタッフの方も、とても辛そうでした。

よくテレビなどで、傷ついた野鳥を保護し、治ったら自然に戻す光景を見ていたので、その感覚でおりました。私は動物関係の仕事をしていながら、お恥ずかしいことに、野鳥は保護してはいけないことを知りませんでした。

私の横で涙を流す息子に、野生の動物の命の仕組みを話し、何とか納得してもらいました。でもこのまま元の場所に戻すのはとても辛くて、道端で親子で涙を流していると、このスズメの子を知っている関係者の方が近くにいらして、「この子、よく巣から落ちて、いつも巣に戻してあげていたんです。」とのこと。

よく見ると、巣の近くにお母さんらしきスズメがいました。そしてその関係者の方が子供のスズメを戻してくださいました。




02




息子は「スズメちゃん、ママがいたんだね。よかったね。」と声をかけていました。その優しさに、私は、また親バカな涙を流したのでした・・・。

毎朝、保育園に行く途中、子スズメちゃんが元気か確認をしていた息子。しばらくは母スズメがパタパタ飛んでいたのですが、数日後、母スズメの姿も見えなくなりました。

息子は「スズメちゃん、お空に飛んで行ったんだね!」と嬉しそうな顔をしていました。私も、今頃、大空を羽ばたいていると信じています。


☆☆☆


スズメちゃんとの数日の出来事で、息子は小さな命の尊さを学んでいました。我が家のアイドル、リボンちゃんのトイレ掃除も、せっせとしてくれる息子。

犬や猫からも学ぶことはたくさんありますが、私もこの数日間、小動物からも改めて色んなことを教えてもらいました。そして、私がまだ中学生だった頃に観た、手塚治虫さんのアニメ「火の鳥」の言葉を思い出しました。

不老不死になれる火の鳥を手に入れようとする欲深い人間とは別に、虫などの小さな生き物は、自分に与えられた命を精一杯生きて、満足して死んでいくというお話。


手塚治虫「火の鳥」より


『人間も虫も 生命の重さについてはおなじ・・・』

『人間は虫よりも魚よりも 犬や猫や猿よりも長生きだわ。その一生のあいだに生きている喜びを見つけられれば、それが幸福じゃないの?』


すみません(>_<)。。。
今日のブログは、何だか長くなってしまいました^^;


☆☆☆



最後まで読んでくださってありがとうございました!
↓「読んだよ~」と応援クリックしていただけると嬉しいです♪

人気ブログランキングへ

こちらも参加中です♪よろしくお願いします!

にほんブログ村




   



今日も順番待ち。
2016年03月15日 (火) | 編集 |
01




02




03




04




05



ゴロちゃんがお昼寝中に、飼い主からスペシャルごはんをもらったカナちゃんでした♪







最後まで読んでくださってありがとうございました!
↓「読んだよ。」と応援クリックしていただけると嬉しいです♪


人気ブログランキングへ




   



順番待ち。
2016年03月14日 (月) | 編集 |

01






02






03






04






05






「気持ち、残しました。」みたいな・・・。




実家の猫なのですが、オス猫のゴロちゃんに横取りされっぱなしで、それから順番待ちをするようになったメス猫のカナちゃんです。

(過去記事が消えてしまったので、再度写真をアップしました)



最後まで読んでくださってありがとうございました!
↓「読んだよ。」と応援クリックしていただけると嬉しいです♪


人気ブログランキングへ
   



犬や猫は赤ちゃんにやさしい?
2015年11月13日 (金) | 編集 |
先日、犬や猫は人間の赤ちゃんに優しいというテレビ番組を観ました。

人間の赤ちゃんに尻尾をかじられている猫が、少し怒ってはいるものの絶対に咬まず引っかきもしない映像。もちろん大人が監視しておく必要はありますが、私にも思い当たることが。

私の実家の猫の五郎丸・・・ではなくて、ゴロちゃん。

息子がまだ0歳の時に撮ったものですが、息子のそばから離れようとしなかったんです。オス猫なのですが、オネエなのかな?と思っていました。

01


息子が暴れまくってゴロちゃんは蹴られまくりだったのですが、決して爪を立てることはありませんでした。

01
おいらが温めてあげるニャ。



02
バッシッ!



03
元気じゃのう。



04
バッシ!ガン!



05
がまん。がまん。



06
ふう。落ち着いたにゃん。



07
今度やったら食うぞ!



08
お手上げ。



09
僕には・・・



0010
怪獣の子守りは無理にゃん。

こんなに蹴られたら、咬みそうなものですが・・・。

そして実家の犬、カイも、毛を引っ張られようが蹴飛ばされようが、決して咬むことはありませんでした。

07
イテテ・・・。

確かに、テレビ番組通り、動物って赤ちゃんに優しい!

でも何が起こるかわかりませんので、やはり大人が監視の下、赤ちゃんと動物たちを触れ合わせてくださいね^^




blogbanner02

↑参加しています♪ポチッと応援していただけると嬉しいです^^