伝え継ぐ。
2018年01月17日 (水) | 編集 |

阪神・淡路大震災から23年が経ちました。

震災から数年後、兵庫県へドッグトレーニング研修に行ったことがあるのですが、、災害救助犬の育成にとても力を入れていて、どの地域よりも訓練技術が優れていたのを覚えております。

震災当時は、海外から多くの救助犬が派遣されたそうですが、当時の訓練法はおやつを使って救助犬を育成しているチームが多く、救助犬が現場に散乱している食べ物に反応してしまい、思ったほどの結果が出なかったとのこと。

そこで、日本の救助犬育成チームは、救助犬が食べ物に反応しないよう独自の訓練法を確立したそうです。

この熱意は、震災を経験したからこそ生まれたのだと思います。

本日も多くの方々が、追悼会場で祈りをささげているお姿をニュースで拝見しました。

震災を伝え継ぐことの大切さが、私にも伝わってきました。



01



今日は息子と一緒に、我が家においてある非常持ち出し袋を確認して、賞味期限間近の食材を食べ、新しいものに入れ替えておこうと思います。

リボンちゃん用の物もあるので、賞味期限を確認しておきます。

ペットも大事な家族の一員ですからね。

先日、息子の小学校で避難訓練があったようですが、今日は我が家でも避難訓練をする予定です。

   



熊本。
2017年04月14日 (金) | 編集 |
熊本地震から1年。

1日も早い復興を願って、イラストを描きました。


kumamoto01



☆☆☆



この1年で、仮設住宅で孤独死なさった方々がいることをニュースで知りました。

地震でご自宅が倒壊し仮設住宅へ住むことになったのだと思いますが、今までは、思い出がたくさん詰まったご自宅が、心の孤独を救ってくれていたのだと思います。

悲しいニュースが流れる中、笑顔で前向きに生きている80代の女性の1年を追った報道番組がありました。

しかし、報道員が取材を終え帰ろうとすると「淋しい・・・」と本音を漏らしたそうです。

無理して笑顔を作っていたんですよね。。。

私もたくさんのことを考えされられた1年でした。

   



支え合い。
2017年03月11日 (土) | 編集 |

あれから6年。

「日本中が心はひとつ!」と支え合うニュースが流れる中、福島の一部の子供たちが、原発事故以降、県外の避難場所でいじめに合っているという悲しいニュースもあちこちで目にしました。

テレビでご活躍中のさかなクンが書いた「いじめられている君へ」という記事を読んだことがあるのですが、魚の世界にもいじめがあるそうですね。

メジナと言う魚を狭い水槽に入れると、1匹を仲間外れにして攻撃を始めたんだそうです。そして、そのいじめられっ子を助け出すと、水槽に残ったメジナたちは別の1匹をいじめ始めたそう。

広い海の中ではいじめなんて起きないのに、狭い水槽に入れるといじめが始まるとのこと。

子供たちが見ている世界は、広いようで本当はずっと狭いのかもしれません。

情けないことに、大人の世界でもいじめはありますものね・・・。

いじめられている子にはもちろんのこと、いじめる子にも、大人たちが寄り添い愛情をたくさん注いであげられるような温かい環境が整うことを願って止みません。



sasaeai


   



命の一本桜
2017年01月17日 (火) | 編集 |
阪神淡路大震災から22年。

神戸の子供たちと熊本地震で被災した小学生が、手形を使って大きな「命の一本桜」の絵を完成させたとニュースで知りました。

祈りの効果は、科学的にも立証されていると聞いたことがあります。

「命の一本桜」に込められた想い、天まで届け!


☆☆☆


私も祈りを込めてイラストを描きました^^



hikari


   



おかえりくまモン♪
2016年05月06日 (金) | 編集 |
なんだかんだ言いながら、この連休は親の私も息子と一緒になって大はしゃぎし、疲れ果てて夜9時には寝る生活をしておりました(笑)。

5月5日のこどもの日。くまモンが帰って来たとのニュースをみて涙が出てしまいました。子供たちの笑顔がとてもステキで、嬉しくて嬉しくて、言葉にできないおばちゃんは、またくまモンを描いてみました。(前回よりは、ちょっとはくまモンに似てるかな?)


okaerikumamon


おかえり、くまモン♪

我が家の休日は、リボンちゃんにも参加してもらい、「子供の日バージョン」のあれを作りました。その様子はまた近日中にアップいたします!