マメちゃん、またいつか会おうね。
2018年04月26日 (木) | 編集 |
先日、ハム友さんちのマメちゃんが虹の橋を渡りました。。。

リボンが旅立った時、マメちゃんと飼い主のSAL子さんにもたくさん励ましていただきました。SAL子さんのブログでは「リボンちゃん、はむランド1年生だね」と温かい記事を書いてくださり、とっても心が救われました。

少しお話は変わりますが、飼い主のSAL子さんはとても手先が器用で、ハムスター用の帽子などをハンドメイドしている作家さんでもあります。

ブログ「ちっこい姫様」では、そんなかわいい帽子をかぶるハムちゃんたちがたくさん出てきて、私もいつも癒されておりました。



お正月には「鏡餅の帽子」(^^♪

01




時には「まっくろくろすけ」(*^-^*)

02




そして春には、ステキなサクラ色の帽子♪

03




あら?リボンがハムランド1年生の黄色い帽子を取りに戻ってきたみたいです。

04




マメちゃんのかわいい帽子と比べると、随分大きな帽子だねリボンちゃん?

05



リボンちゃん、
マメちゃんのことよろしくね。

そしてマメちゃん、
今まで本当にありがとう^^




関連記事
   



リボンちゃんのお部屋の掃除。
2018年04月17日 (火) | 編集 |

リボンちゃんが旅立った日からそのままにしていたお部屋ですが、昨日、息子と一緒に掃除をしました。

このケージは、息子が大切にしているゲッシーズのぬいぐるみ部屋にするとのことです(笑)



01



いざ掃除を始めるとだんだん悲しくなってきた私と息子。

なんとか床材を取り除いていたところ、リボンちゃんが隠していたオヤツがでてきて涙が止まらなくなってしまいました。

どうしよう、捨てられない・・・。



02



どうしても捨てられないので、カビが生えるまでしばらく置いておくことにします。(笑)



関連記事
   



熊本の職人さん。
2018年04月14日 (土) | 編集 |
熊本地震から2年。

この地震でお子さんを亡くされた方の記事を読み、思い出しては涙が止まらない一日でした。お子さんの髪の毛1本やゴミでさえも「形見かも」と思い、捨てられないとのことでした。

「もしも我が子を失ったら・・・」と想像するだけでも辛いのに、大切な方を亡くされた方のお気持ちを思うと胸が張り裂けそうになります。

私は本当に何のお役にも立てませんが、イラストを描くことで熊本を応援させてください。



uketsugu



つい先日のニュースで、地震で壊れた熊本城の「しゃちほこ」が完成し、近々、1体の取り付け作業が行われると知りました。

今回しゃちほこを復元なさったのは鬼瓦職人さん。

地震で壊れてしまったしゃちほこは、この鬼瓦職人さんのお父様が手掛けたもので、80歳でお亡くなりになったお父様の遺志を継いで復元なさったそうです。

遠い昔、私がまだ小学2年生の頃、一度だけ熊本へ家族旅行へ出かけたことがあり、熊本城のしゃちほこを見たのも覚えております。

私はお父様が手掛けた立派なしゃちほこを見ていたんだな~としみじみ感じました。

もうすぐ来る母の日のプレゼントですが、私は毎年、熊本のお花屋さんにお願いして母の日のお花を贈っております。なぜ熊本のお花屋さんにしているのかというと、母が大好きな「くまモン」のミニプレゼントもセットでつけてくださるからなんです^^


くまモン、いつも元気をありがとう!
きんくまモンより。

関連記事
   



ゾウのはな子と動物たちのこと。
2018年04月12日 (木) | 編集 |

井之頭自然文化園にいたゾウのはな子は、私の母と同じ昭和22年生まれ。

たくさんの人に愛され、2016年に天国へ旅立ったはな子。現在、はな子がいたゾウ舎の横に、等身大の写真が置いてあります。



01



ご存知の方は多いと思いますが、はな子は日本に来る前、バンコクの農園で暮らしていたそうです。そして1949年に、「戦争で傷ついた子供たちの心を癒そう」と、タイから日本に贈られたとのこと。

でもストレスからか、1956年にゾウ舎に侵入した男性を死亡させ、更に数年後、飼育員を踏み殺す事故が起きたそうです。それからというもの「殺人ゾウ」と呼ばれるようになり、来園者から石を投げられたこともあり、ストレスなどでやせ細っていったんだとか。

かわいそうな「はな子」。

でもその後、はな子を理解してくれる飼育員と巡り合い、それからは平和に暮らしていたと聞いています。動物園については、賛否両論ありますよね。子供たちのために必要だと言う方もいれば、動物がかわいそうと言う方もいる。

確かに動物たちは本来の自然界にいた方が幸せかもしれません。自然に近い環境にしているサファリパークでさえ、飼育員がかみ殺されたりしていますものね。

飼育員さんたちは命がけでお世話しているんですね。私自身も幼少期から動物園で癒されることも多く、小学生の頃は、動物園の飼育員になるのが夢でした。6年生の時は文集に「将来はアフリカで動物たちの研究をしたいです!」と書いていた私。(なぜ今、日本にいるんだ私。アフリカはどうした?)

とにかく、動物たちから教わることは本当に多かったです。

息子を動物園に連れて行くときは、こういった悲しい出来事も話すようにしています。案の定、はな子のお話を聞いて泣いていましたが、大きなパネルのはな子を「よしよし」して、ありがとうと言っていた息子。それを見て泣く私^^;

気分転換にお茶することに。



02



はな子がいた近くに、「はな子カフェ」という売店があるのですが、看板がかわいいくて思わずパシャ♪

井之頭自然文化園でも、たくさんのことを学んだ私と息子でした。

少しお話は変わりますが、リボンちゃんがお世話になったペット霊園で犬猫の里親会があるとお聞きし、先月、息子を連れて見学に行ってきました。



03



この子犬たちは、茨城県からはるばる来てくれたんですって。東京では野良犬なんて見たことないけど、茨城県にはいっぱいいると係りの方がおっしゃっていました。犬を捨てる飼い主もいれば、その犬を救ってあげるボランティアの方も大勢いる。茨城から東京まで来てくださった愛護団体の方々の行動力は本当に晴らしいです。

係りの方のお話しによると、飼い主が山に犬を捨てに行って、その子が野良になり子犬を産むケースが多いそうです。息子が「大人なのに、なんでそんなことをする人がいるの!」と怒っていたのですが、本当にそうですね。大人なのに、なんで飼い犬を捨てちゃうんですかね・・・。



04



出会いがあったら、「我が家にお迎えしよう」と息子と話していたのですが、この日はあっという間に新しい飼い主さんが決まってしまいました。(みんな、幸せになってね~)

もちろん、この日にすぐに子犬たちを連れて帰れるわけではありません。愛護団体の方による飼い主適正チェック後の譲渡となります。(愛護団体にもよりますが、譲渡にかかる費用はだいたい4万円前後です)

そのうちハムスターも飼いたいと言っている息子。もしワンちゃんとの出会いがあったら、部屋を別々にして飼わなきゃですね。2DKの我が家。ハムスターに6畳のひと部屋をあげて、人間と犬はリビングに追いやられる感じになりそうです。(笑)

里親会の帰りに図書館へ寄ると、息子が「のら犬ボン」という絵本を見つけたので借りてみました。



05



寝る前は、必ず絵本の読み聞かせをしないと眠ってくれない息子。(いつになったら自分で読んでくれるのやら・・・)

この絵本、野良犬を保護して飼ってあげるお話しかと思いきや、なんと!お父さんが飼い犬を、どこかの島に捨てに行くお話し。ここでまた息子が怒り始め、「どうして大人なのにそんなことするの!」とお話しがなかなか頭に入っていかない様子。

寝る前だと言うのに、逆に泣いちゃって大変でしたが、最終的には「ボン」はまた飼い主の元へ戻ることになります。(ご興味のある方は、読んでみてくださいね)

気を取り直してお次の絵本は、前回ご紹介した「リンドバーグ」に続き、「アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険」。



06



イトーヨーカドーにロケットは売っていませんでしたが(笑)、本屋さんでこの本を見つけたので、2年生の進級祝いに息子に買ってあげました。(関連記事

「リボンちゃんがきっと、こんな感じでロケットに乗って来てくれるよ」と息子に話すと、思い出して更に泣き出し、全然眠ってくれない息子なのでした~。

あ~あ。失敗した(笑)

でも現在は泣くことも減り、元気に2年生をやっています!



07



リボンちゃん、時々でもいいから、ロケットに乗って息子に会いに来てね。

おやつを用意して待ってるよ^^



08



関連記事
   



春休みのお話しの続き。
2018年04月11日 (水) | 編集 |

モルモットの次にリスを見たのですが・・・



01



もう、すべての動物がリボンちゃんにしか見えません。



02



あ~あ。カピバラさんも・・・



03



リボンちゃんに見えてくる。



04



その辺にいたハトさえも・・・



05



リボンちゃんにしか見えない・・・(笑)



06



たくさんの動物と触れ合って息子の心を癒してあげようと思たのですが、かえってリボンを思い出させてしまいました。でも息子なりに楽しんでいたようです♪

帰りのバスを待つ私と息子。



07



背後から熱い視線を感じたので振り向いてみると、トトロがこっちを見ていました。(ちょっとブサイクじゃない?このトトロ。笑)



08



あと300メートル歩けば、ジブリ美術館!ちょこっと外観だけでも見たかったのですが、一日中歩いて疲れていたので「また次回」と思っていたら、ジブリ行きのバスが到着!

これに乗ってジブリに行きたい衝動に駆られる私。(←300メートルくらい歩け!)



09



思わず写真を撮ってしまいました。これがうわさのネコバスです(笑)

誰もが、あの映画の中のネコ型バスが来るのだろうと想像していたようですが、ジブリ美術館行きのバスはこれですよ~。お間違えのないようご注意くださいね(笑)


☆☆☆


この井之頭の動物園には、あの有名なゾウのはな子がいましたが、2016年に天国へ行ってしまいました。ゾウのはな子はかわいそうな過去を持つゾウ。

次回は、はな子や動物たちのことについて書こうと思います。(ちょっと悲しい日記になるかもです)

関連記事