熊本の職人さん。
2018年04月14日 (土) | 編集 |
熊本地震から2年。

この地震でお子さんを亡くされた方の記事を読み、思い出しては涙が止まらない一日でした。お子さんの髪の毛1本やゴミでさえも「形見かも」と思い、捨てられないとのことでした。

「もしも我が子を失ったら・・・」と想像するだけでも辛いのに、大切な方を亡くされた方のお気持ちを思うと胸が張り裂けそうになります。

私は本当に何のお役にも立てませんが、イラストを描くことで熊本を応援させてください。



uketsugu



つい先日のニュースで、地震で壊れた熊本城の「しゃちほこ」が完成し、近々、1体の取り付け作業が行われると知りました。

今回しゃちほこを復元なさったのは鬼瓦職人さん。

地震で壊れてしまったしゃちほこは、この鬼瓦職人さんのお父様が手掛けたもので、80歳でお亡くなりになったお父様の遺志を継いで復元なさったそうです。

遠い昔、私がまだ小学2年生の頃、一度だけ熊本へ家族旅行へ出かけたことがあり、熊本城のしゃちほこを見たのも覚えております。

私はお父様が手掛けた立派なしゃちほこを見ていたんだな~としみじみ感じました。

もうすぐ来る母の日のプレゼントですが、私は毎年、熊本のお花屋さんにお願いして母の日のお花を贈っております。なぜ熊本のお花屋さんにしているのかというと、母が大好きな「くまモン」のミニプレゼントもセットでつけてくださるからなんです^^


くまモン、いつも元気をありがとう!
きんくまモンより。

関連記事

スポンサーリンク

   



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可